bazzar、即時買取市場に新サービス「MonoMoney(モノマネ)」

検索

2020年10月20日(火)・21日(水)/時間:10:30〜18:00/会場:オンライン(EventHub)/通常:8,000/1人→超早割:先着300名 2000円/1人(税別)※1人1枚で全てのセミナーがWEBで視聴できます。

bazzar、即時買取市場に新サービス「MonoMoney(モノマネ)」

2020年08月11日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

即時買取の新サービス

高額品にはビデオ通話査定も

即時買取のMonoMoney即時買取のMonoMoney

即時買取市場に新たなサービスが誕生した。スタートアップのbazzar(東京都新宿区)は7月、「MonoMoney」(以下、モノマネ)という名称のアプリをリリース。送られてきた商品画像を見て、査定額を数分で提示する。高額品を査定する際には、ユーザーにビデオ通話を案内し、ヒアリングをすることもある。承諾されれば査定額を即日で振り込み、現金のほかラインペイやビットコイン払いにも対応していく。

同社は昨年、不動産事業を軸に創業。現在まで、モノマネ以外で中古品の買取・販売事業を行った経験はない。同社広報の白川幸弘氏は、「世の中で合理的な生活が広がり、二次流通市場は拡大している。そこに貢献ができれば」と話す。今後、総合商材を扱う老舗リユース企業との連携で、そこからノウハウを借りるほか、相場を参考するなどしてモノマネでの買取額の算出を行っていく。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第493号(2020/8/10発行)5面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top