タイムレス オークション、会場を新横浜から浜松町に移転

検索

Reuse×Tech 2022

タイムレス オークション、会場を新横浜から浜松町に移転

2021年04月09日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新横浜から浜松町に移転

常設会場で出品増にも対応

浜松町に事務所兼常設会場を設けた浜松町に事務所兼常設会場を設けた

タイムレス(東京都港区)が運営するブランド品等を競る古物市場「タイムレスオークション」が4月1日の開催から、会場を浜松町に移転した。以前は新横浜で会場を間借りする形だったが、常設会場となった。オンラインで開催する時計・宝石の下見会場にもなっており、3月から先行して会場を移していた。

同社が常設会場を設けるのは初めてのことで、注目度も高まったことから当日の参加者は100名を超え、コロナ禍でも賑わいをみせた。また、出来高も1.5億円と同社の平場では過去最高の出来高を更新したと言う。

太田大哉社長は、「多くの方にご参加頂き、手競りの必要性を再認識できた。リアルの平場と大会、オンラインの運営ノウハウを持つ企業は珍しい。また、多くの振り手を抱えていることを強みに、オークションを開催したいと考えている企業のサポートも行っていきたい」と話す。

第509号(2021/4/10発行)2面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる