レインボーマーケット、『古着を385円で販売』新規客獲得に繋げる

検索

Reuse×Tech 2022

レインボーマーケット、『古着を385円で販売』新規客獲得に繋げる

2021年07月24日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

婦人服の買取販売を行うレインボーマーケット(山梨県南アルプス市)では385円(税込)の低単価商材を取扱うことで、新規客獲得に繋がっている。店内商品の約1割と点数としては多くはないが、商品状態が良いものを店頭入口付近で展開することで露出を強化し、月20~30人の新規客を獲得している。

月30人程の新規獲得

385円古着を展開し集客

385円で展開しているラック385円で展開しているラック

同社ではスタート時、毎週水曜日に店内商品の値下げを行うシステムを導入していたが、利用者からわかりにくいという声があり、店内商品を全品385円に変更した。しかし、低単価での販売のみでは高単価商材が買取りできないことや利用者への買取りイメージが悪くなってしまうことを受け、低単価商材を1割程に縮小。ブランド品を9割扱う現在の店舗運営となった。杉下香織社長は「低単価商材の販売のみだと、高く買い取ってもらえないんじゃないかというイメージをどうしても持たれてしまう。量から良い物の買取りへとシフトした」と話す。月間買取件数は80 ~100件、成約率は95%ほど。

店舗運営を開始した背景は、土地柄

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第516号(2021/7/25発行)16面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる