「トイズキング」のヤマト、初の都市型ホビー買取店「ソフビを日本文化に」

検索

「トイズキング」のヤマト、初の都市型ホビー買取店「ソフビを日本文化に」

2021年10月06日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中古ホビー大手のヤマト(愛知県名古屋市)は10月2日、東京・渋谷に買取店「トイズキング」と新品ソフビ販売「T-BASE」の複合店を開店した。同社のホビー屋号では初の都市型店舗となる。

ソフビ販売も実施

店内デザインは蜂の巣を意識店内デザインは蜂の巣を意識。ソフビファンのコミュニティとしたい想いを込めた

同社のホビー事業では、出張買取または駐車場付き郊外店舗で商品を仕入れ、徹底的に効率化したヤフオク!のみでの販売で年商44億円を稼いできた。新店舗では既存モデルに加え、都市型の小型買取店、店頭販売、イベントの実施など、新たな運営形態を模索する。従業員2名体制で、買取利用は1日5~10組を想定する。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第521号(2021/10/10発行)1面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる