竹栄、無人の新品子ども服店開店 子供服のリユースも展開

検索

竹栄、無人の新品子ども服店開店 子供服のリユースも展開

2022年01月03日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アパレル卸を営む竹栄(北海道札幌市)はこのほど無人の新品子ども服店「マンハッタンストア ムジン」を開店し、そこで子ども服のリユースも展開している。店頭で回収した子ども服にクリーニングを施し、格安で販売する。新品卸として社会貢献活動に熱心だ。

新品子ども服卸が古着事業

1ヵ月で100着回収、半分が販売に

竹田尚弘社長/すべて100円均一で販売している竹田尚弘社長/すべて100円均一で販売している

昨今のアパレルの大量廃棄問題に当事者として警鐘を鳴らすべく、子ども服の回収とリユースを開始した。「業界として良くないと以前から思っていた。皆を巻き込んでやりたい」と竹田尚弘社長。加えて、無人店という一見して無機質な業態であっても、人と人の繋がりを生みたいという考えもある。店の専用ボックスで回収した子ども服は、後日同じ店内で販売され、店の会員同士で服の循環ができるという仕組み。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第526号(2021/12/25発行)6面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる