カドノ質店、「質札」スマホで管理

検索

「Reuse×Tech」

カドノ質店、「質札」スマホで管理

2022年11月16日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

質業において欠かせないのが「質札」だ。この質札をデジタル化すべく、カドノ質店(東京都江戸川区)はスマホで質札を管理できるクラウドシステムを3年ほど前に開発。「7cloud(セブンクラウド)」として、複数の質店が導入している。今後は質業への参入を目指すリユース事業者へも認知を進めていく。

リ店へ「質」機能実装を支援

カドノ質店 15年間、社内で内製したシステムを改良15年間、社内で内製したシステムを改良し続け、質店業務に最適化している

電子化された質札で
ペーパーレス化支援

質店においては、取引ごとに質札を発行し、お金とともに利用客に渡すことが質屋営業法第15条に定められている。利用客は請け出す際に質札を店頭に持っていき、現物と引き換える。

セブンクラウドでは、この質札をデジタル化。質店のペーパーレス化を支援する。店頭の端末で質の情報を入力すると、スマホアプリのような形で顧客のスマホに質札情報を表示できる。

導入メリットは来店客側と質店側の両方にある。来店客にとっては、質札を持ち歩く手間や、盗難・紛失のリスクがなくなる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第547号(2022/11/10発行)12面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる