日東ホルカムとリ・バースが提携、記憶媒体データ消去装置を相互提供

検索

日東ホルカムとリ・バースが提携、記憶媒体データ消去装置を相互提供

2023年12月02日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日東造機の記憶媒体物理破壊装置「CrushBox」シリーズの販売やレンタル事業を手掛ける日東ホルカム(千葉県茂原市)と、磁気破壊装置でトップシェアのリ・バース(大阪府四條畷市)がこのほど業務提携を行い、相互にデータ適正消去製品を提供しあう格好でレンタル・サブスクサービスを共同で立ち上げた。パソコン(PC)などのリユースを事業展開する企業向けに、物理・磁気破壊装置を複合的に使いやすいようにし利便性を上げる狙い。

共同でレンタルサービス立ち上げ

日東ホルカム、R&D事業所を東京から千葉に移転拡大し営業を強化へ日東ホルカムとリ・バースが提携。日東ホルカムではR&D事業所を東京から千葉に移転拡大し営業を強化する(写真は移転前の東京の事業所)

記憶媒体とは、PCなどに内蔵されているHDDやSSDを言う。リユースやリサイクルの過程においてはデータ漏洩が起こらないよう、物理的に破壊するのがデータ消去手法の1つだ。HDDであれば、PC上で取り扱った情報の機密性の高さから、穴あけなどの物理破壊に加え、磁気破壊も複合的に行う場合がある。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第573号(2023/12/10発行)6面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる