唐沢農機サービス、中古農機マケプレ「ノウキナビ」好調

検索

唐沢農機サービス、中古農機マケプレ「ノウキナビ」好調

2017年06月19日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ノウキナビ」取引実績1億円迫る

新品・中古農機の唐沢農機サービス(長野県東御市)が運営する、中古農機のマーケットプレイス「ノウキナビ」の取引実績が1億円を達成する見込みだ。現在約600点のコンバインやトラクターなどの中古農機の出品がある。平均単価は20〜30万円で、新品の半額以下の物が多い。

同社システム部がつくる「ノウキナビ」同社システム部がつくる「ノウキナビ」は、デザイン性が高く好評だ

ノウキナビの特徴は、整備された安全な商品しか取り扱わない点。そのため出品者には、4つの条件を設ける。農機メーカーの代理店であること、自社内に農機整備のための環境があること、農機整備技能士の取得者が自社に一人以上在籍していること、古物許可証を持っていることだ。

「実は他のネットオークションで中古農機を買ったが、整備されていなかったり、壊れていて、不信感を持っている事業者も多い。ノウキナビでは、安心して売買できる環境整備を徹底しています」(神村瑛治氏)

現在登録出品事業者は、全国212社にのぼる。

国内では今後中古農機のニーズは高まっていくと言う。

「農家も世代が若くなりネットに抵抗の無い人が増え、少しでも安くという需要がある。また兼業農家が増えており、農機にお金をかけられない人が多い。そのため安価な中古品にニーズがあります」

唐沢農機サービス 神林瑛治氏唐沢農機サービス 神林瑛治氏

新聞購読ならすべての記事が読める!

417号(2017/06/10発行)6面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top