《全国ダーツの旅☆東京都》双子のライオン堂、俺のこと書けば良いことあると言葉残した作業着姿の神様

検索

《全国ダーツの旅☆東京都》双子のライオン堂、俺のこと書けば良いことあると言葉残した作業着姿の神様

2019年03月09日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

リサイクル通信 全国ダーツの旅

~東京都 編~

ダーツの矢がささったエリアのリサイクルショップに取材するコーナー

19_p4.jpeg▲竹田信弥代表

俺のこと書けば良いことあると言葉残した作業着姿の神様

双子のライオン堂(東京都港区)は『ほんとの出合い』と『100年残る本と本屋』モットーに、多彩な読書家が選書した新刊と古本を扱う書店だ。2013年4月に文京区白山で開業し、2015年10月港区赤坂にリニューアルオープンした。同店がまだ白山にあった頃、お盆に店を開けたが、お客が一人も来ない日があった。仕方なく、竹田信弥代表が椅子を外に出して本を読んでいると、50代位の作業着を着た男性が通りかかった。汗だくで疲れた顔をしていたが、「僕、神様なんだけどね、鳩山記念館ってどこかな?」と声をかけられた。ネットで調べて場所を教えると、2~3時間後に、その男性がまた店の前を通りかかった。

竹田代表は「水飲みますか?」と店内に招き入れた。男性は一息つくと、自分には有名人の知り合いがたくさんいると語った。アップルの創業者スティーブ・ジョブズとも友達で、「マークのリンゴが欠けているのは、俺が齧ったからなんだよ」と教えてくれた。「そして最後にこう言われたのです。『おまえも本屋だから、書くだろう?人とかお金に困ったとき、俺の話を書いたらいいことあるよ!』と。なので、今この話をしているというわけです」(竹田代表)

19_p5.jpeg▲選者による選書が並ぶ店内、イベントも定期的に開催されている

▼関連記事はこちら
中古メディア事業の悟空、障がい者雇用しネット出品を行う
メディアリユース、買取りを古書市に一本化
《全国ダーツの旅☆東京都》BOOKS 青いカバ、念願の画集を手にした女性客

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第458号(2019/02/25発行)19面

Page top