ステイゴールド、急成長ブランド店がFC参入 都市部で成約率90%の買取力武器に

検索

ステイゴールド、急成長ブランド店がFC参入 都市部で成約率90%の買取力武器に

2019年06月25日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

要約すると.ブルー.png

・ステイゴールドがFC参入、ブランド品中心に買取
・ブランド事業は前期比3倍、成約率は90%の買取力
・直営の出店を加速し店舗拡大を狙う

.......................................................................................................................................................................

ステイゴールド

ブランド品等の買取を手掛けるステイゴールド(東京都渋谷区)が買取専門店のフランチャイズ(以下:FC)事業に乗り出した。同社は売上が急成長している企業で注目を集めそうだ。

加盟対象は法人及び個人。郊外の駅前立地の路面店で、5坪程度の規模で月商は600万〜700万円を想定。買取品目はブランド品が中心となるが、その他の商品も買い取る。

1B.jpg▲5坪で月商600万〜700万円の買取店をFC展開

同社は2014年創業。ブランド品等の買取を手掛ける「ブランドリバリュー」、ブランド古着の「ブリング」、シルバーアクセサリー「ワンスタイル」を展開し、前期は43億円を売り上げた。中核のブランド事業は、前期比3倍の30億円程度を売り上げる。直営店は、都市部の空中階に店舗を設け、ウェブで集客するモデル。渋谷や銀座、新宿といった競合店が多数ひしめく中、成約率は90%程度という買取力に自信を持っている。ブランド買取のFCでは後発だが、この接客や買取力を加盟店に提供することで差別化を図る。2020年3月期までに30店の出店を計画。「成長をもっと加速させていくためにFC事業という選択をしました」(FC事業本部高田啓介本部長)

IMG_3542.jpg▲FC事業本部 高田啓介本部長

一方で直営の出店も加速させていく。今期は最低8店の出店を計画しており、30〜40店体制に早急に引き上げる考えだ。都市部の直営店と郊外FC店の両輪で店舗拡大を図る。

▼関連記事はこちら
《トップINTER VIEW》ステイゴールド 柏村 淳司社長、独立5年 ブランド業で年商45億
【真贋術】アプレ、中小企業等にブランド真贋提供 割安価格でフリマ出品等支援
《トップINTER VIEW》ラクサス・テクノロジーズ 児玉昇司社長、ブランドバッグ定額レンタルを展開

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第466号(2019/06/25発行)1面

Page top