トレジャー・ファクトリー初のブランド専門店 高級品を窓口に客層拡大へ

検索

トレジャー・ファクトリー初のブランド専門店 高級品を窓口に客層拡大へ

2019年07月27日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

トレジャー・ファクトリー

トレジャー・ファクトリー(東京都千代田区)は7月12日、ラグジュアリーブランド買取・販売店「BRAND COLLECT表参道店」をオープンした。

3-A①.jpg▲同社初のラグジュアリーブランド専門店

BRAND COLLECTは同社のハイブランド業態。原宿店、原宿竹下通り店に続く3店舗目だが、表参道店は初のラグジュアリーブランド専門店となる。同店を通じ、顧客層の拡大や取扱商品の多様化に取り組む狙い。

表参道店で取扱う商品は「シャネル」「ルイ・ヴィトン」などのバッグやアパレル、「ロレックス」の時計、「ブルガリ」のジュエリー等。中心価格帯は数十万円で、取扱品数は約800点。ターゲット層は近隣住民、買い物客や観光客等だ。

商品は同社がこれまで買い取ったものの、売り先が無かった高級品も含まれる。同社はロードサイドや郊外等で200坪以上の大型店を多数展開するが、既存店ではターゲット層の違いから高級品が販売しにくかったという。

店内奥には買取商談用個室が設置。店頭ではブランド品等をメインに買取るが、家電やインテリアなど顧客からの様々な相談にも対応。ニーズに合えば出張買取等を紹介するなど、総合買取サービスの窓口としても機能する。

「高級商品を売りに来た方も、ファストファッションなど多岐にわたる商品をお持ちです。専門店だと買い取りできるアイテムに限りがありますが、総合リユース店としての強みを生かし、安いものから高いものまで買い取れれば」(窪翔太エリアマネージャー)

3-A② - コピー.JPG▲窪翔太エリアマネージャー

▼関連記事はこちら
トレジャー・ファクトリー、引越し買い取り 賃貸契約者に紹介
上場リユース企業決算まとまる 収益改善が急務、求められる従来モデルからの脱却
トレジャー・ファクトリー、大型店に専門区画設置

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第468号(2019/07/25発行)3面

Page top