ブランディア、wajaのEC事業を譲受 自社販路強化へ

検索

ブランディア、wajaのEC事業を譲受 自社販路強化へ

2019年08月27日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ブランディア

bd323024c8f383b3f5b192309494ead1_s.jpg

宅配買取サービス「ブランディア」を運営するデファクトスタンダード(東京都大田区)は、8月5日にwaja(東京都港区)が運営するEC事業の譲受契約を締結した。実行は9月から。買収額は非公表。当該事業の売上規模は5億1,500万円。デファクトスタンダードは自社販路での品揃えを増やし販売を強化する。

デファクトスタンダードはブランディアのサービスを通し、バッグ、洋服、時計、アクセサリーなどをユーザーから買い取り、国内外ECサイトで販売してきた。近年は「ブランディアオークション」を立ち上げ、自社販路を強化中だった。

一方wajaは、世界中のバイヤーが現地で仕入れた商品を販売する「WORLDROBE」など、3つのEC事業を運営してきた。本件によって、ブランディアやブランディアオークションのユーザーに対し、wajaのECモール上で掲載される海外の新品やアウトレット品の訴求が行える。デファクトスタンダードは、ユーザーの新品購入に応じた中古品売却の動きを加速させ、ブランディアでの買取りやブランディアオークションでの中古品販売において、商品量を増やす狙い。

wajaは今後、「PANAMA(パナマ)」の名称で展開してきた、ささげ特化のEC支援事業に集中していく。

▼関連記事はこちら
デファクトスタンダード、バッグレンタル本格始動 ブラオクから送客
ブランディア、バッグの定額レンタル参入
【リユース×テクノロジー】waja、EC用画像のリネーム業務を自動化 アパレルなど34社が利用

記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第470号(2019/08/25発行)2面

Page top