湘南オークション《古物市場データ》初心者に優しい道具市

検索

湘南オークション《古物市場データ》初心者に優しい道具市

2020年04月19日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「他の市場も検討したけれど、ここは明るくて気に入りました。綺麗だし、風通しが良く、賑やかで、安心しましたね」と湘南オークションに加盟して間もない参加者は話す。同市場は1日で100名近くが参加する大規模道具市だ。関東のみならず、静岡や名古屋など中部地方から出向く参加者も多い、今注目の市場だ。


市場種類:道具市
取扱商材:道具類、美術品、衣類、時計、宝飾品類、自動車、自転車類、写真機類など
会  場: 神奈川県藤沢市石川6-14-10
開 催 日:毎週金曜日
時  間:午前10時~

初心者に優しいポイントを広報の和智周吾氏はこう説明する。「この1年で小物専用の棚を設けて、ネット出品しやすいものを揃えました。模型や時計や骨董品などですね。市場初心者だけでなく、業界の新規参入者にとっても目当てのものが見つかりやすいと思います」(和智氏)

①.jpg▲和智周吾氏

小物競りが始まると30名近くがわっと寄り付き、競りは盛り上がりを見せた。

③.jpg▲初心者に人気という小物の棚

④.jpg▲小物の棚競りでは参加者が詰め寄る

また新規会員には、和智氏がその日一日付き添って商材への入札価格の目安を教え、冷暖房を完備したひな壇などの会場内を案内するなど、入念な説明を心がけるという。「新規会員の方の多くは『あそこの市場は入りやすいと他社から紹介された』と言ってくれます」と和智氏はにこやかに話す。

同市場は最新鋭の設備を導入しており、室内で座って入札できる「ひな壇」スペース、会場内に計12個が設置された防犯カメラ、ダイヤルキーのついたロッカーなどがある。参加者の一人は「これだけ大きい市場は神奈川では珍しいと思うし、なにより快適に過ごせるね」と笑顔で話した。

取材日当日にはレコード15箱のひと山が130万円で落札され、市場は一番の盛り上がりを見せた。


平 均 出 来 高:約900万円
平 均 出 品 数:1100~1300件
平均参加社数:100社程度
入  会  金:1万1000円
参  加  費:
 毎月引き落とし:6600円
 当日払い:3000円(税込)
 回数券4回分:1万円(税込)
 回数券11回分:2万5000円(税込)
売り歩:8%  着 物:15%
ブランド:3%  貴金属:0%
買い歩:6%
記事の全文は新聞購読から
新聞購読ならすべての記事が読める!

第485号(2020/4/10発行)12面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top