リクロ、仏ヴェスティエールと事業提携

検索

リクロ、仏ヴェスティエールと事業提携

2020年06月12日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

在庫連携で欧州販売を強化

リクロを運営するアクティブソナー(東京都港区)は5月29日、フランスを拠点に展開するヴェスティエール・コレクティブと戦略的事業提携を結んだと発表した。双方による商品の共有及び積極的な協力体制を通して、アジアと欧州のアイテムをつなぐ。

ヴェスティエールでは既に日本のリユース企業が出品を行っているが、リクロとはシステム連携により、相互に出品情報を掲載し合う形を構築する。

ヴェスティエール・コレクティブのサイトヴェスティエール・コレクティブのサイト

ヴェスティエールは2009年にフランス・パリで創業し、欧州を中心に世界50ヵ国に900万人を超えるユーザーを抱える。常時2万点を超えるブランド品を揃えており、リクロとの提携により、信頼性の高い日本の中古ブランド品を欧米のユーザーに供給、

一方でリクロはヴェスティエールを通じて欧州での販路を拡大できる。リクロは売上の57%超を海外が占める。ただ、中国を中心としたアジアや北米での販売比率が高く、欧州での販売パートナーを模索していたと言う。

また、ヴェスティエールは香港支社を設けており、アジア圏の強化を狙っている。これをリクロがサポート。一方で欧州での展開についてはヴェスティエールがリクロをサポートするなど相互に協力関係を構築する。

第489号(2020/6/10発行)2面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top