パルコ傘下「TiCTAC」、時計のリペア依頼が急増した理由

検索

パルコ傘下「TiCTAC」、時計のリペア依頼が急増した理由

2020年08月17日

  • Google+
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自粛明けの修理依頼増加

給付金も追い風に

パルコグループ傘下で、腕時計の販売・修理専門店「TiCTAC(チックタック)」を展開するヌーヴ・エイ(東京都渋谷区)では6月以降、時計修理の依頼が増加している。6月は昨対比で140%の依頼数だった。

立地の良さが同社ブランドの強みだ立地の良さが同社ブランドの強みだ

同社はパルコなどの大型商業施設内に腕時計専門店を75店舗展開しており、店頭での時計修理や、東京・福岡の拠点でのオーバーホールなどを行う。緊急事態宣言前後の3~5月は昨対45%まで低下したが、自粛明けになると客足が戻った。「複数本の持ち込みがありました。ステイホームで自宅の片付けを行った際に過去の時計を見つけて再度使う人、あるいはCtoCで買った人、またはこれから売る人が利用されていると推測します」(リペア事業担当 舛元成志部長)

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

WEB限定記事

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top