全日空商事、デジタルギフトサービス「選べるe-GIFT」を展開 約300社が導入

検索

Reuse×Tech 2022

全日空商事、デジタルギフトサービス「選べるe-GIFT」を展開 約300社が導入

2021年07月27日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ANAグループ商社がデジタルギフトでキャッシュレス買取支援

宅配買取中心のリユース事業者が導入

全日空商事(東京都港区)は15年より法人向けデジタルギフトサービス「選べるe-GIFT」を展開し、約300社が導入している。買取金の支払い手数料を銀行振込よりも安くできることから、リユース企業によるキャッシュレス買取の導入事例もある。

「選べるe-GIFT」が対応する電子マネー等の一例

「選べるe-GIFT」が対応する電子マネー等の一例

26種類のポイント等に利用者が引換できる

同社はANAグループの総合商社として、飛行機部品や機内備品の手配、EC事業など、9部門にわたる事業を行う。

選べるe-GIFTはデジタル分野における新規事業開発の一環として、法人向けにANAの電子クーポン「ANA SKYコイン」を始めとするギフト券を活用すべく開発。21年6月現在では26種のポイントや電子マネー、カタログギフトなどとの交換ができる。

ANA関連以外でも利用ができるよう、他社のポイントサービスや電子マネーにも対応。主な電子マネーに「ラインペイ」「auPAYギフトカード」「アマゾンギフト券」がある。セブン銀行のATMで現金を受け取ることも可能。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第516号(2021/7/25発行)12面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる