ぼくの書店、Z世代によるシェア本棚

検索

ぼくの書店、Z世代によるシェア本棚

2022年05月18日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

22歳のクリエイター大西貴也さんが手掛けるシェア本棚「ぼくの書店」(福岡県北九州市)が話題だ。家族が所有する古民家長屋を活用し、クラファンによって開業資金36万円を調達。SNSを有効活用することで、目標額を達成した。今後はコーヒー店や書店などを併設し、地域住民の交流の場をつくりたいと意気込む。

SNS駆使しクラファン達成

レトロな雰囲気がよく褒められるというレトロな雰囲気がよく褒められるという

クラファンへは主にSNSで誘導した。大西さんはフェイスブック・インスタ・ツイッターを利用。運営の裏側をあえて見せることを意識し、工事中の様子を写真にアップしたり、日々の思いを素直につづることで共感を得ていった。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

第535号(2022/5/10発行)18面

リサイクル通信のLINE@ 最新ニュースを配信!
Page top
閉じる